【特典付き】Omen44 x Nipps x Vikn / Came Far For The Killing - EP
new
58d6b4901f43759a7500ae28

【特典付き】Omen44 x Nipps x Vikn / Came Far For The Killing - EP

¥1,500 税込

送料についてはこちら

【特典】”Came Far For The Killing (DJ SPACE KID Remix)”入りCD-R Omen44 x Nipps(Buddha Brand) x Vikn(Tetrad The Gang Of Four)!!の3名で送る 「Came Far For The Killing」!! Track Produceは Gradis Nice!! そして今回 Brandon Thomas Remix!!に加え CQ(Buddha Brand), Maria(Simi Lab), Yzerr(Bad Hop), Marin, K.W.S.K. Aggy を迎え、豪華過ぎるMICリレーを展開したRemixを収録!! 限定生産50枚のみの完全限定リリース!! ※こちらの商品はプレス盤CDとなります Track List: 1.Came Far For The Killing Produced by Gradis Nice 2.Remix Ft. KWSK AGGY, YZERR, MARIA, CQ & MARIN Produced by Gradis Nice 3.Brandon Thomas Remix 4.Instrumental 5.Acapella 6.Remix Acapella (Track 5,6 CD only!!) 参加Artist Profile: Omen 44 95年より神戸・関西圏を中心に活動開始。2000年に活動の拠点をNYCへ移す。過去の作品では、Nipps(Buddha Brand), Statik Selektah, Sizzla, Kalonji, A.G.(D.I.T.C),Tek(Smif-n-Wessun),Sadat X,Craig Gとのコラボや、Large Professor、Marley Marlより楽曲提供を受ける、作品にはアルバム"Thirteen"とFree Download用アルバム"Japan According to Omen44",NYはRuste JuxxとのコラボEP"Black Son Rise",ReggaeアーティストとのEP"Super ape 3000"等があり今後の展開としてNipps,Vikn(TETRAD THE GANG OF FOUR)とのEP,日本語のFree Downloadアルバムを予定している。 K.W.S.K. Aggy 川崎South Side OG BUDDHA BRAND 日本のヒップホップユニット。1989年に結成。1996年にcutting edgeよりメジャーデビュー。2005年に、MC3名によってILLMATIC BUDDHA MC'Sを結成。 NIPPS(Buddha Brand) 日本のヒップホップMC。1990年代にBuddha BrandのMCとして活動。別称(a.k.a)は飛葉飛火、緑の5本指など。 CQ(Buddha Brand) 1998年以降は、主にキエるマキュウのメンバーとして活動。本名は、平栗 隆(ひらぐり たかし)。 Vikn(Tetrad The Gang Of Four) 千葉県・銚子出身。10代半ばからラッパーとしての活動開始。04年、MUROがホストを務めた新たな才能を発掘する企画『32 BLOCK』でシーンの表舞台へ躍り出る。その後、元BUDDHA BRANDの一員であるNIPPSにB.D、SPERBとともにTETRAD THE GANG OF FOURを結成し、08年にNYで暗躍するKEN SPORTが全曲を手がけた1st アルバム『TETRAD THE GANG OF FOUR』を発表。10年にはソロでのミックステープ『THE 6 MILLION DOLLAR MAN』をリリースし、TETRAD THE GANG OF FOURとしての2ndアルバム『SPY GAME』もリリース。12年にはDJ/トラックメイカーとして古くからシーンで活躍するDJ WATARAIとタッグを組み、ミックスCD『Bionic Boyz』をBIG¥EN ENT.からリリース。 Maria(Simi Lab) SIMI LABのメンバーとしても活動するMARIA。2011年のSIMI LABの1stアルバムを発表以降、OMSBやDyyPRIDEなどのクルーメンバーのソロ作品への参加のみならず、DJ PMX「HIPHOP HOLIC」や、BLACK SMOKER RECORDS初のコンピレーションアルバム「LA NINA」、JUKEとHIPHOPのコラボ作品「160 or 80」や粗悪ビーツの作品など、様々な作品にもゲストMCとして招かれている。2013年7月、遂に初となるソロアルバム「Detox」を発表する。本作では、盟友SIMI LABメンバーをはじめ、Cherry Brown, TAKUMA THE GREAT, OMSBの作品にも参加していたDIRTY-DやISSUE, LowPassのGIVVN, MUJO情, Earth No Mad, 東海地方の新鋭ビートメイカーC.O.S.A., Roundsvilleでも活動しているJUGGなど、幅広いアーティスト達が参加している。仲間と遊び、夜には獲物を物色し、時には自分と向き合い繊細な言葉を紡ぐ。その歌詞は、聴く者それぞれに「気付き」を問いかけてくれる。自分にも人に対しても、常に真摯であろうとする彼女の姿勢に共感する人は多い。こんなラッパー居ただろうか? Yzerr(2WIN) T-PABLOW、YZERRという双子の兄弟から成る【2WIN】。 2006年、10歳の時にZeebraの4th Album 「THE NEW BEGINNING」を聴きHIPHOPと出会う。14 歳からリリックを書き始め、翌年地元川崎の仲間達で2人を中心としたクルー “BAD HOP” を結成。2012年7月 BSスカパー241ch BAZOOKA!!! の「第1回高校生RAP選手権」に T-PABLOW (ex. K- 九)と YZERR (ex. DIABLO)として別々に出場し、T-PABLOWが優勝。しかしその後、地元のストリー トとの関係を断ち切るべく1年間もの間地元を離れ、HIPHOPからも遠ざかった状況の中で日本全国を旅 した後に渡った聖地NYで、HIPHOPへの熱い気持ちを抑えられない事を再確認する。2013年の帰国後、「第4回高校生RAP選手権」再出場の決意を固め、1年以上のブランクを乗り越えてT- PABLOWが見事2回目の優勝、更には「第5回高校生RAP選手権」でYZERRが初優勝を飾り、双子で共 にチャンピオンという偉業を達成。その影響は大きく、地元神奈川では、彼らが出演するイベントには300 人以上もの10代の若者が集まるという事態も起こり始めた。2014年春、Zeebraが立ち上げた新レーベル “GRAND MASTER” との契約を交わし、11月26日に1st Single “FIRE BURN” を配信でリリース。現在はZeebra プロデュースによりアルバムを制作中である。 ラッパーとしてのポテンシャルのみならず、双子という特異なキャラクターと恵まれた容姿、ファッショ ンリーダー的な要素も併せ持ち、今最もシーンの注目を集める存在であることは間違いない。 2人のNEW ERAの才能が限界の壁を壊すのか? 2WINの言動から目が離せない。 Marin 東京都出身。幼少からモダンバレー、高校時代からヒップホップ・ダンスを学ぶ。03年にR&Bユニット、SOUND GROWを結成し、07年ミニ・アルバム『WAY2GLOW』をリリース。10年にユニットを解散後、ソロ活動をスタート。一聴してわかる個性的な歌声を武器に東京のアンダーグラウンドなヒップホップ・シーンとリンクして現場(クラブ)を中心に活動し、NIPPS率いるTHE SEXORCISTの“殺しのナンバー”やMEGA-G(JUSWANNA)“今すぐ欲しい”(シュガー・ソウルの名曲カバー!)を筆頭にDEX PISTOLS & ZEEBRA、RYUZO、KUTS DA COYOTE、VIKN、LUNA、ICE DYNASTY、SQAUSH SQUAD などなど・・・同世代だけでなく注目すべき若手アーティストやシーンを引率するメジャー・アーティストの作品まで、フィーチャリング/アディショナル・ヴォーカル/コーラスなどで幅広く参加。また、道端ジェシカが出演したNikeのグローバル・キャンペーン「Make Yourself」にも楽曲を提供するなどシーン内外で高い注目を集める。13年、待望のソロ・アルバムをリリース。 Brandon Thomas https://soundcloud.com/brandon2nice